ユースケース03

製造現場を「スムーズ」「安全」に
遠隔⽀援により、現場指⽰の効率化の実現

モバイル機器の活用が当たり前となった現代では、作業中にタブレットを使ってマニュアルや図面を見る際、「両手がふさがり作業効率が落ちる」といった新たな課題が浮上しています。また、管理者側では管理者自身が現場に出向かなければならないケースに対して、最新テクノロジを活用することで現場指示の効率化を図りたいというニーズが高まっています。
例えば、コミュニケーション機能や作業した内容を音声や画像認識で記録できる機能を有したウェアラブル端末をうまく活用することで、更なる作業効率向上や本部と現場による円滑なコミュニケーションが可能となります。

お客様の課題

技術をデータ化し、
記憶ではなく
記録によって継承したい
的確な指⽰を⾏うことで
歩留りを改善したい

ミスによる事故を減らし、
安⼼して働ける環境を
提供したい
教育期間を短縮し、
さらに外国⼈を受け⼊れ
しやすくしたい

クオリカの解決策

コミュニケーション機能や作業した内容を⾳声や画像認識で記録できる機能を有したウェアラブル端末とクラウドサービスを活⽤し、作業現場の映像を遠隔地の事務所と共有することで遠隔地からスピーディな状況判断や作業指⽰が可能になります。また作業現場や作業者の情報を取得することで作業者の体調と現場環境を⾒える化します。

導入前の課題と導入後の成果

導入前の課題

・熟練技術者の不足

ベテランの高齢化と後継者不足による品質、生産性低下

・品質要求への対応

不良品発生、回収などによる経営リスクの拡大

・技術継承が困難

不良品発生、回収などによる経営リスクの拡大

・技術継承が困難

故障・トラブルによる生産停止・遅延や小ロット生産対応の遅れ

・複数の現場を確認する必要がある

少ないベテラン社員を作業結果の確認やパトロール作業に配置させたくない

・若手の技量を早く習熟させたい

作業現場で指導したいが、常に同行することができない

・現場での問題解決に時間がかかる

現場の様子を見ればすぐに判断できる問題も電話だけでは効率が悪い

・作業者の様子が心配

広い作業現場での一人作業や野外作業での熱中症など、作業者の健康が心配

・報告作業に時間がかかる

1日の作業が完了してから報告書をまとめるので、記憶に頼り手間がかかる

・現場への問題解決に時間がかかる

管理者へ現場の様子を伝える際、電話だけでは効率が悪い

・両手を空けて作業をしたい

タブレットなどの情報機器を使う際、両手がふさがり作業が中断する

導入後の成果

・着実な技術継承

技術がデータ化され記憶から記録へ継承される

・生産性の維持/向上

的確な指示が行える事で歩留まりに貢献

・働きやすい職場環境

ミスによる事故が減り、安心して働ける環境に

・労働力不足対応

教育機関が短くなり、外国人の受入がしやくすなる

・ライブ映像をリアルタイムで判断できる

・品質を記録して、後校庭の振返りができる

作業者の作業レベルを把握現場の課題をスピーディに解決

・不測の事態に迅速対応できる

・入力せずにその場で操作できる

・リアルタイムに作業連携できる

・リームで安心安全に取り組める

想定利用シーン

関連製品・サービス

お客様のヘルメットに装着出来るウェアラブルデバイス、
デバイスで利用できるアプリケーションをクラウドで提供、
ワンストップで提供できるソリューション「iBowQube」です。

DX推進でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

ご不明な点はお気軽に

お問い合わせください。

DX推進に関するお役立ち情報を
こちらからダウンロードできます。