XLake

AI PaaSとAIエンジニア支援を複合したサービス

「XLake」はAI PaaSとAIエンジニア支援を複合したサービスであり、すでにAIを検討中のお客
様やこれからビジネス活用に取り組むお客様、生産工程の品質改善や生産性向上を計画するお
客様に広くご利用いただくことが可能です。

データ保管(スキーマオンリード)

フォーマットを気にせずデータを保管。保管したデータは分析基盤に搭載されたSQLライクなデータウェアハウスである
Hiveに投入することや、Sparkによるオンメモリのプログラミング処理を実行することが可能です。

データの一元管理

システム毎に異なる管理者に依頼し入手していたデータをXLakeストレージとデータフローで接続することで、利用者自ら
いつでもデータにアクセスすることが出来るようになります。

バッチ処理のオフロード

各システムからXLakeストレージにデータをエクスポートすることでバッチ処理をオフロードすることが可能です。XLake上
のバッチ処理は分散処理による高速化が期待できます。

業務システムのバックエンドDB

各システムからデータを保管、利用者はシステムに影響を与えることなくデータの分析を行うことが可能です。

機械学習利用

機械学習用のデータ保管場所にお使いいただけます。
また分析基盤(XLakeアナリシス)に導入されているSparkを使い、利用者自身で機械学習をご利用いただけます。

分析サービス

XLakeストレージに保管したデータを使い、クオリカがお客様のデータ活用をお手伝いします。(2020年リリース予定)

DX推進でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。

DX推進に関するお役立ち情報を
こちらからダウンロードできます。